眼精疲労はただの疲れとは違う!

最近はインターネットが普及して、PCでの仕事、作業や日常シーンでもスマートフォンに触れる機会も多く、目の疲れや、重い、痛いという症状を訴える方が増えています。休憩したり睡眠時間を確保して治る場合は、【疲れ】ですが、症状が解消できずに続く場合には眼精疲労と呼ばれます。医学的な面でも区別されています。眼精疲労に起こる症状は疲れや痛みだけではありません。 涙が出たり、充血、ぼやけるという目に起こる症状も様々で、さらに体にも支障をきたす場合があり、肩こり、けん怠感、吐き気、頭痛などが起こります。原因では目の使いすぎや日頃置かれている環境が影響しています。 また、もともと視力が弱い方がメガネのレンズ、コンタクトレンズが合っていないと眼精疲労が起こります。また加齢によって40代以降になると老眼が進行するため眼精疲労の方が増えます。 眼精疲労の治療や対策としては、ドライアイ、白内障や緑内障などの病気は治療に専念しましょう。また、メガネ、コンタクトのレンズは定期健診で合っているかチェックをするようにしましょう。 また、どうしても仕事などでPCを触る場合には、姿勢や明るさ、画面との距離調整などで目に与える負担を極力減らす努力が必要です。日々のケアや疲労回復を心がけるようにしましょう。