疲れ目対策を紹介

  • 投稿日:
  • by

一日エアコンの効いた室内でパソコンを使った作業をしていると、真っ先に疲労を訴えてくるのは私の場合は目だと言えます。
以前はコンタクトレンズを使用していて、定期的に目薬を差していたのですが、乾燥して目の負担が大きいように思ったので結局仕事中は眼鏡に切り替えました。

ちなみに長時間パソコンをしたり、小さな文字を見て目が疲れてた際にはホットタオルで目を温めてやるのがいいそうです。
疲れ目は目の血管が血行不良を起こしているので温めることで多少改善することが出来ます。
休憩中などに水で濡らしたハンドタオルをレンジでチンしてやると手軽にホットタオルを作ることが可能です。
ただあまり熱いものを乗せると瞼などは皮膚が薄いのですぐに低温火傷をしてしまうので、注意が必用です。

その他にも少し遠くを眺めたり、目がぎゅっと閉じて開けるを繰り返し目の運動をしてやるといいと言えます。
これなら1分もかかりませんし、勤務時間中でもこっそりして問題ないと思います。

あと疲れ目に効く食べ物はうなぎにレバーににんじん、さらにはいちご、ブルーベリーや黒酢などが挙げられます。この手の食材をなるべく日常的に摂取するように心がけていますし、今はサプリなどもあるのでそちらもオススメです。

スマホ老眼のサプリを比較しているサイトが参考になりますよ

思わぬ形で改善した眼精疲労

  • 投稿日:
  • by
私は一日中パソコンに向かって仕事をしているため、眼精疲労がひどくて、夕方になると視力の低下と目の痛みに襲われていました。 当時は、一日目薬を何度も刺したり、目のマッサージをしたり、サプリメントを飲んだ入りといろいろやりましたが、あまり改善しませんでした。 もともと、視力が悪いうえ、検査の仕事をしていたころのダメージもあり、目の不具合には神経をとがらせておりました。 しかし、数年後目の下のくまがひどくなり、目の下のマッサージを重点的に行ったら、なぜか眼精疲労も少し完全しました。 その頃には、目薬の回数もかなり減少していて、なぜ改善したか検証をしてみると、目を冷しすぎていた可能性が浮かびました。 眼精疲労の対策の中には目の周りを温めるものがあり、目の下のマッサージで温めるものを実践したうえ、目薬の回数が減ったことのより目の温度も冷やさなかったことが良かったのかもしれませんね。 最近では目の周りを温めるグッズもなども購入して、冬場には大活躍しています。 マッサージや入浴中も手を温めて、入念に目の周りをマッサージして、血行改善に努めています。 以前のような、眼精疲労の目の痛みや乾きはなくなりましたが、年齢からか老眼がで出しており、あいかわらず目には苦労させられます

眼精疲労の解消方法

  • 投稿日:
  • by
眼精疲労の解消にはいろいろな方法があります。 そのうち、もっともポピュラーな方法は、マッサージです。 眼精疲労によくきくツボのある、目と目の間の部分を、指でぐっとつまむように押してやるのです。 その他、コメカミの部分を押すことでもツボが刺激されるので、眼精疲労の治療に効果があります。 眼精疲労のツボは手の甲にもあります。 いかに人々が眼精疲労で悩み、解消方法を探してきたのかがよく分かる案件となります。 また、サプリメントなどを飲んで栄養を取ることも、眼精疲労の解消に役に立ちます。 代表的な眼精疲労回復サプリメントに、ブルーベリーのものがあります。 ブルーベリーに含まれているビタミンAが、眼の疲れを癒してくれるのです。 パソコンを使用している人は、それが原因で眼精疲労に陥っている事があります。 パソコンを使うときは、一時間に一度は休憩を挟むようにして下さい。 また、休憩の際は、遠くを見るようにするのが一般的な眼精疲労の回復方法と成るので、試して見て下さい。 目を休めても眼精疲労が治らない場合は、他の病気やストレスが、目に現れている可能性があります。 ぜひとも、病院での診断を受けることをオススメします。 眼精疲労には、いろいろな病気のサインと成るものもあるのです。

目の疲れの対処法について

  • 投稿日:
  • by
今の時代はパソコンを使ったり、スマートフォンなどを使うので目が疲れにくくなっているようです。かくいう私自身も目が疲れているなあと感じることは多かったです。勉強をし過ぎると視界がぼやけてしまう事もありました。要するに目を酷使しすぎているのでしょうね。そこでどうやったら今の状況を改善できるのかを考えてみました。 目が疲れるという事に対処するために行った方法はパソコンやテレビを活用しないという事でした。しかし、それでは情報が入ってこないのです。やはり日常生活を営むためにはパソコンは必要だと思いました。そもそも目が疲れてしまう原因がテレビやパソコンだと考えるのは早計ではないでしょうか。 それよりもアルバイトなどをしていた時のほうが目を酷使していると思います。私はコンビニエンスストアのアルバイトをしていたことがあります。その時にはレジを見ながら商品の補充を行わなければなりませんでした。それは目を酷使する状況でした。また、夜勤をしたり長時間の勤務をこなしていることも疲労の原因でした。アルバイトをしてお金を稼ぐことは大切ですが、自分の状態も考慮して仕事をしなければならないという事です。無駄遣いをしなければいいのです。自分をいたわるようになってから眼精疲労は和らいできました。 ホットアイマスクが効果あるかもしれません。

目の使い過ぎからくる疲労

  • 投稿日:
  • by
長時間パソコン画面を見続けたり、読書をしたりすると目に極度の疲労がたまります。目がずっしりと重くなったり目の中がゴロゴロするような感覚に襲われます。さらに目だけではなく、肩こり、頭痛、吐き気といった症状まで表れます。一度陥るとなかなか治ることはなく、少し目を休めようが辛い症状が続きます。 まずはぐっすり寝て、疲れをとるのがいいのでしょうが、目が疲れている状態だと質のいい睡眠もとれません。特に寝る直前までパソコンを見ていたりすると睡眠の妨げになるそうです。せめて寝る30分前にはパソコンの作業を切り上げ、良質な睡眠をとりたいものです。 パソコンや読書をやめるというわけにはいかないので、目に疲れがたまり過ぎないように注意して行う必要があります。集中して行わないように適度に休憩を入れながら作業すれば、目の疲れを抑えることも可能です。また、蒸しタオルを目にあてるのも効果的なようです。タオルを電子レンジで加熱するだけで簡単にできるので集中的に目の疲れをとりたいです。 しかし、色々試しても効果が現われない場合はやはり眼科を受診するのが一番だと思います。目の病気というのは失明にもつながるような恐ろしい病気が隠れている可能性があるので、過信しすぎないことも重要だと思います。

疲れ目と健康について

  • 投稿日:
  • by
私が疲れ目を治したいと思うようになったきっかけは、突然おでこに生えてきた白髪です。ある日鏡を見ていたら、白いものが3本も...。まだ20代半ばなのに若白髪かなと思ってすぐに抜いてしまいました。しかし、抜いても抜いても生えてきてしまうんです。なんでおでこにだけ生えてくるんだろうかとネットで調べてみると、おでこの白髪は眼精疲労が原因の可能性がある、と書いてあったんです。確かに、思い当たる節がいくつかありました。ちょうどその数ヶ月前に転職し て、パソコンを一日中見ている仕事になったこと、また休みの日も資格の勉強をしていて目を酷使していました。寝る前に電気を消した後にずっとスマホをいじっているのも良くないんどろうなとどこかで思っていたんです。目の疲れは寝れば治ると思ってあまり気にしてなかったんですが、白髪を治したい一心で、生活を改めることにしました。仕事でパソコンを使うのは止めるわけにはいかないので、一時間に一回は目薬をさして、窓の外など遠いところを見るように意識しました。また、夜寝る前のスマホは一切禁止にして、明るいところで見ることに決めました。生活を改めることで、以前はしょっちゅうなっていた瞼の痙攣や、白髪もなくなり、目を大切にすることの重要性を改めて感じられたように思います。

ぼやけて文字が読めないことがある

  • 投稿日:
  • by
"疲れ目?老眼? メガネ屋さんでメガネは作っても、視力自体は悪くないのでわざわざ眼科で検査するほどでもなく...以前ある眼科で息子の視力検査をしたとき、ちょっとしたトラブルがあってから、眼科が嫌いになってしまいました。 アラフォー世代にもなれば、体のあちらこちらが痛んだり、老化(劣化?)していくのも仕方ない。 だから時々、突然見るもののピントがぼやけてしばらくもとに戻らず、仕事中なのに文字が読みずらい事がありますが、放っておけば治るのでそのままにしています。 ふと遠くにあるカレンダーを見たときや、PCで作業を続けて疲れたときに目をこすったりすると、文字がぼやっとなって。 そうなったときは数秒間、ぐっと目を閉じて休めると少し良くなります。 女性なので、マスカラをまつ毛に付けているので、メイクオフしてからでないと目薬がさせません。 すっと冷たくなる目薬を疲れた目にさせれば、もっといいのでしょうけど。 マスカラが涙や目薬で溶けて目に入ると、目の毛細血管が傷ついて充血してしまうので。 そろそろメガネも老眼鏡にしないとダメなのか~? いやいや、これはただの疲れ目だと信じたい。 いつも目が疲れたときにはぐっと目を数秒間閉じ、それでもさっぱりしないときにはメガネを外して目と目の間つぼを指で押します。 これでだいぶさっぱりします。 "

眼精疲労から全身疲労に

  • 投稿日:
  • by
終日パソコンの前に座る毎日が続いています。眼の疲れがひどく、目薬を差したりマッサージをしたりでごまかしながら仕事をしていました。 ひどい時は10分ほど眼を閉じておかないと、眼の裏から頭まで痛みが走るようになりました。 1年ほど前からさらに悪化して、肩・首・腰にまで及び、整形外科に通うまでになってしまいました。病院からは「運動をしなさい」と「パソコンは休憩を入れなさい」 の指示があり、まずはパソコンの使用時間の30分ごとに、休憩5分を入れています。運動の方がなかなかできないのですが、午前中30分、午後30分、何かしら外に出るよう心がけています。我が家は田舎なので外は木々に畑、水平線が見えそうな景色です。 なるべく眼を癒やしながら、草むしりをするとか、歩いて買い物に行くとか、無理のないところで体を動かしています。実行し始めて半年くらいですが、以前のように我慢できないくらいの眼の疲れはずいぶんなくなりました。 それともうひとつ、少し視力がよくなった気がします。私はメガネが苦手で少々の近視に乱視も入っています。年齢のせいでその上老眼も入り、パソコン画面がだぶって見えたり、3と8と6が間違いやすかったのですが、少し改善されたようです。要因はひとつにしぼれませんが、以前と確実に違う習慣は、「外に出る」ことだけです。眼のために緑を見る、山を見るなど昔から聞いていましたが、本当だったのかと実感しています。 冷蔵庫や洗濯機、どんなにもっても20年。なのに人間の体は80年90年使えるなんてすごい事ですよね。新品と買い換えできない眼球。大事に使います。

眼精疲労はただの疲れとは違う!

  • 投稿日:
  • by
最近はインターネットが普及して、PCでの仕事、作業や日常シーンでもスマートフォンに触れる機会も多く、目の疲れや、重い、痛いという症状を訴える方が増えています。休憩したり睡眠時間を確保して治る場合は、【疲れ】ですが、症状が解消できずに続く場合には眼精疲労と呼ばれます。医学的な面でも区別されています。眼精疲労に起こる症状は疲れや痛みだけではありません。 涙が出たり、充血、ぼやけるという目に起こる症状も様々で、さらに体にも支障をきたす場合があり、肩こり、けん怠感、吐き気、頭痛などが起こります。原因では目の使いすぎや日頃置かれている環境が影響しています。 また、もともと視力が弱い方がメガネのレンズ、コンタクトレンズが合っていないと眼精疲労が起こります。また加齢によって40代以降になると老眼が進行するため眼精疲労の方が増えます。 眼精疲労の治療や対策としては、ドライアイ、白内障や緑内障などの病気は治療に専念しましょう。また、メガネ、コンタクトのレンズは定期健診で合っているかチェックをするようにしましょう。 また、どうしても仕事などでPCを触る場合には、姿勢や明るさ、画面との距離調整などで目に与える負担を極力減らす努力が必要です。日々のケアや疲労回復を心がけるようにしましょう。 "